2017年3月26日日曜日

大阪のNHKで今日まで 「べっぴんさん」

「べっぴんさん」
写真:

写真:

写真:

写真:

こちらも碑

写真:
国立病院「大阪医療センター」内
写真:

写真:

「合水堂」 碑 

華岡青洲の末弟鹿城が ここ中の島で「合水堂」1816を開く
養子 華岡南洋が継承
写真:
「合水堂」
写真:



2017年3月4日土曜日

天保山の史跡



写真:

写真:

写真:
二等三角点
写真:


西村捨三翁 銅像
第6代大阪府知事

写真:
「彰往察来」昔の出来事を明らかにして、これから先のことを予測すること。 
先の戦争において、たとえ戦時下という異常な状況の中とはいえ、多くの中国人が日本国内の鉱山や港湾などにおいて、厳しい労務の中で多くの苦難を与えられました。
 ここ大阪においても、「日本へ強制連行され、大阪で港の荷役を強いられた。」といった体験者の証言もあり、また、「華人労務者就労事情調査報告書」(外務省報告書)において、千人を超える中国人のうち八十人を超える方が、港湾荷役労務などの中で、再び祖国へ帰ることなく亡くなっていることが明らかになりました。
 われわれが心に深く刻み付けて忘れてはならないことは、過去の歴史を教訓として学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。
 この歴史的事実を厳粛に受け止めて、戦争の悲惨さを語り継ぎ、国籍・民族・文化等の違いを超えた相互理解と友好を深め、永遠の世界平和を心から願う気持ちを込めて、ここに日中友好の記念碑を設置します。

 2005年6月

2017年3月2日木曜日

50周年吹田郷土史研究会 春の歴史探訪 織田3万石 宇陀を往く

郵送案内状のお詫び・訂正 
口座番号 00910-3-60294
年会費の振込先の口座番号を訂正してください。
訂正のはがきはお送りしませんので、知り合いの方にはお知らせください。

「大和・宇陀を往く」
主 催 吹田郷土史研究会
後援者 吹田市、吹田市教育委員会

写真:
 女人高野・室生寺  お伊勢参り・伊勢本街道
大和国の水分四社  織田家三万石の城下町
又兵衛桜!

期 日 421日(金)800集合・出発  吹田市役所玄関前
解 散 桃山台駅、市役所 1830頃       
会 費 8,500円 非会員  (会員) 7,500
講 師 副会長 上村 和功
定 員 50名 50名を超えた場合は抽選となります。
申し込み先 565-0854 吹田市桃山台1-1-2-406 上村(かんむら) 和功(わこう)
FAX 06-6170-6090 携帯 090-7349-0809
    普通はがき、メール fkyws889@ybb.ne.jp
多くの参加をお待ちしています。

行 程 吹田市役所 近畿道・西名阪・名阪国道室生寺  

2017年3月1日水曜日