2017年10月23日月曜日

思い出の写真

思い出の写真を送ってもらいました。 1989年

荷物が送られてきたのでで、実家に電話
ブラジルから従妹家族が宮崎で 上村家と対面したという話。
私の叔母がブラジルに移民しました。私が小学校の頃です。
その息子が来日、「母が苦労して育ててくれた。その故郷を一目見たい」と
日本へ 親戚と昼食を一緒に食べたそうです。
向こうでは、公務員で家族で来るとは、
私のような、貧乏年金生活者とは、えらい違いだ! あーあー。

30年前 叔母が親善事業の一環として、一時帰国
その息子が、宮崎で半年間の留学
この2回 がブラジルとの関係です。


2017年10月22日日曜日

砂洲列 尼崎市 猪名川の氾濫

2017年西国街道リレートーク 9月9日
今城塚古代歴史館於いて

尼崎市の講演
尼崎市の展示資料から  砂洲列の存在を
吹田にもあるぞ!
第一列 紀元前後
第二列 三,四世紀
第三列 10世紀前後
第四列 12世紀以前
海抜に換算

2017年10月21日土曜日

若宮商工稲荷神社 

以前の写真 10/11
後ろは シティプラザ大阪
右手の建物が 大阪商工会議所
若宮商工稲荷神社
五代友厚
土居通夫
稲畑勝太郎

2017年10月20日金曜日

「北大阪の祭り」シンポジウム


吹田市立博物館
11月5日(日)午後1時~5時

●第一部●

午後1時10~1時30分
「能勢町の祭りと芸能」  森 成元氏(大阪府教育庁文化財保護課専門員)
午後1時30分~1時50分
「池田五月山の愛宕火(がんがら火)について」中西正和氏(池田市教育委員会教育部生涯学習推進課主幹)
午後1時50分~2時10分
「箕面の村落内講集団の一つ・念仏講-他地域との共通点と相違点から」
  奧野義雄氏(箕面市文化財保護審議会会長)
午後2時10分~2時30分
「豊中市のまつり」  香川雅信氏(兵庫県立歴史博物館学芸員)
午後2時30分~2時40分 休憩
午後2時40分~3時00分
「太鼓台・神饌・獅子・献灯-吹田市と摂津市のまつり-」藤井裕之(吹田市立博物館副館長)
午後3時00分~3時20分
「ヒアゲとオトウからみる茨木市の祭り  山田なつこ氏(茨木市立文化財資料館文化財調査専門員)
午後3時20分~3時40分
「高槻の伝統的なまつり-馬祭と蛇祭-」  清水亜弥氏(高槻市立しろあと歴史館専門員)
午後3時40分~4時00分
「しまもと 地域のまつり」        吉村光子氏(島本町立歴史文化資料館館長)
午後4時00分~4時10分 休憩 会場整備

2017年10月14日土曜日

昼顔・ノアサガオ 18・19日今日の・・・

19日 42個 今季最高記録

芋虫一匹いなくなりました。 

葉っぱが食べられ 散々ですね  以上22日

この数年 花は付けていません。
先週 5日から花をつけ始めました。4個
今日14日 たくさんの花をつけまっした 32個最高記録
15日 21個

左の鉢から伸びています。
18日 たくさんのノアサガオです。

花弁が小さくなりました。



2階以上の建物で、高さも20cmで目立ちません。
アップにしてやっとこれです。 以上18日

昨日 大きな芋虫が  今朝15日は見受けられません。
カラスに食べられたのか!・・・・ と思っていました。
10/15午後 移動しているのを見つけました。
さらにもう一匹

見つけたのはおかあさん
芋虫の糞があったので、凝視、そして見つけました。
昨日、糞の掃除をしたので、おかしいと思って探す。

以上 10/15撮影 一日で1枚の葉っぱを食べます。
この芋虫の名は・・・・ 分かりません。
 さらに一匹増える 18日

体長 80mm 胴回り 直径15mm
茶色が一匹 上下に居ます。
19日 この芋虫 「エビガラスズメ」?成虫はこちら

近所で見つけました。

たくさんの実をつけています。 以前のより大きいと思います。
我が家の木には実を付けませんでした。
以前に実を付けたオリーブ

上新田案内 吹田郷土史研究会

生憎の天気 参加者 25名 住吉大社以来
会員以外7名参加

上新田東口道標
案内板が新しくなっています。
西口道標も表示されている。??? 再度調査10/15

旧大阪鍋島藩馬上門

再調査 雨の合間を縫って上新田へ 10/15
2012年3月の立看板

上新田西口は2006年3月に見つけたのですが! 記載されていません。
上新田で見つかった道標

2017年10月9日月曜日

穂積廃寺跡 郡山城跡 


白鳳時代 廃寺跡
ここでトイレ休憩 上穂積公園 
もう一つ
郡山城跡

郡 神社

茨木市の道標 新しい道標

中穂積二丁目1
右の道が亀岡街道

亀岡街道 右 福井 妙見 丹波
  左 吹田 大阪

亀岡街道 右 茨木停車場
左 中穂積
2015年現在の場所へ 


2017年10月8日日曜日

新しくなった案内板 吹田市山田 改修

山田三ツ辻 設置平成四年三月 (平成二十八年改修)

写真:
右が小野原街道

写真:

生き返った道標 千里丘1丁目 亀岡街道③

全体が分かりません。 10月5日
写真:
再度撮影 10月8日

2017/10/09 撮影
ここは、亀岡街道と乙辻街道支線戸の分岐?
摂津市千里丘1丁目14-13
右が亀岡街道 至る 吹田 大坂
奥のフェンスは 吹田市立山田第二小学校
悪い写真ですので再度撮影に

新聞記者  面影の道標を拝見する。①

産経新聞 北摂版 2013/05/12 掲載


踏切ニ題

蔵垣内二 踏切

丑寅第一 踏切



岸部 中西邸見学


亀岡街道①
亀岡街道②

2017年10月4日水曜日

道標5基残る珍しい村 上新田

千里のパワースポット探索
千里開発を逃れ、昔の面影を残す

主催 吹田郷土史研究会    後援:吹田市教育委員会
講師 吹田郷土史研究会 上村 和功
期日 10月16日(木)100 集合 阪急山田駅東口改札口
会費 700円
コース 阪急山田駅 ➡ 山田三辻 ➡ 弘済院 ➡ 石公橋 ➡ 市境 ➡ セブンイレブン(トイレ) ➡ 上新田三ツ辻道標① ➡ 徳林院 ➡ 南口道標 ➡ 北口道標 ➡ 上新田墓地 ➡ 新田小学校跡 (府の文化財)➡ 御旅所 ➡ 山田家 ➡ 上新田天神社(トイレ) ➡ 解散 千里中央・桃山台・南千里
注意事項 市境・吹田箕面線を越えると 旧中央環状線(府道2号線)は歩道がない。トイレ休憩でセブンイレブンに横断するので注意し、指示に従ってください。


豊中の文化財 公開

豊中市文化財秋の一般公開 国指定史跡・春日大社 南郷目代今西氏屋敷公開! 20171021() 10:3016:00・・・豊中市浜1丁目

旧新田小 府内最古木造校舎公開 
     きょう3日から10月6日まで

伊藤若冲 公開 年に一度 11月3日
   豊中市小曽根 西福寺さいふくじ
去年2016は生誕300年記念事業 2時間待

2017年10月1日日曜日

書きかけ 亀岡街道③  

亀岡街道 ③  JR吹田駅から亀岡街道 JR千里丘駅まで  


日 時:10月5日(木) 🌂小雨決行
集 合:千里丘駅  JR吹田駅東口 (地下)        
                      
講 師:上村 和功さん〈吹田郷土史研究会副会長>     
内 容:大阪・高麗橋を起点に、北方向に北摂を通り丹波・亀岡
までを結ぶ旧街道約25キロを5回に分けて歩きます
コース:JR吹田⇒天道交番⇒吉志部神社鳥居⇒中西邸見学⇒市場道標⇒JR千里丘駅解散
                  (5km)
定 員:15名 
予 定:④回目1月、⑤回目翌年4
持ち物:お茶、雨具、黄色のバンダナ

コース説明 吹田駅 地下 吹田が一目で分かる切り絵  
メロードタワーマンション よく目立つ、展望、近場のデート 39階 中華バイキング38階  

2017年9月28日木曜日

吹田 秀吉が駆け抜けた 西国街道終了 講演会 参加者86名

謀反直後の光秀書状
  
室町幕府再興説 裏付けか


津門の中道に関して 資料追加 2017/10/10
 このルートを提唱しています。 出口・片山ルート
 但し、今回歩いた 神崎川堤防を北上するルートは説明はないが表示されている。


2017/9/23 開催終了
吹田市立博物館での講演会 超満員ではないが
いつもの博物館よりは賑わっていたようだ。
吹田市立博物館講演会 86名参加
ありがとうございます。
テーマが議論されているのは津門の尼崎市ですので
尼崎市民の参加が多いと思いましたが、尼崎市の参加は1名 私の知り合いでした。
博物館での講演の様子。70名はなかったか!
本日 30日 に博物館で聞きましたら 86名の参加
多くの方が来られました、ありがとうございます。

面白い事実 経路
備中松山城〒701-1335 岡山県岡山市北区高松558−2 から尼崎まで
Googleマップでは上記の通り 
 徒歩で36時間 169km
 2ルートが表示 ①三木市を通るルート          (旧西国街道)
          ②現在の国道2号線

    
秀吉が駆け抜けた吹田
日本輿地通志「津戸の中道」項 議論になった点 吹田編
 説① 大阪府「近畿地方歴史の道2大坂2」大阪府教育委員会
   「第六集 西国・丹波街道」項では
   小曽根村を北上し 吹田街道を東進する。
   片山村字出口を通り、吹田村に行き其処から亀岡街道を北上する
   吹田街道で大きな村・垂水村が「津戸の中道」には記載されていない。 
   「津戸の中道」に記載されている廣芝は通らない。
   下の絵図で小曽根村の横の青い線が説①です。
 説② 曲江説  「阪神間の街道を歩く」第2号 
   廣芝から糸田川を上り途中で出口に向かうか吹田街道迄出て、東進し出口へ
   斜めに通る道を通ると、なるほど、そういわれたら、そうかな!が確証は得られな
   い。明治18年の地図では、小径の記載がないこともあり、糸田川を上り、吹田街道
   に出るのがルートではないかと思う。小径・街道を走り
   出口(榎茶屋)から片山村を通るルート これが近道である。
   ただ、途中通る片山村の記載がない。 このルートは又、
   廣芝 ➡ 吹田 の「津戸の中道」に記載されている吹田を通らない。
 但し、この道が最短距離を行くルートというのがわかる。
  下の絵図で 赤い線(津門の中道)が説②です。
 写真:
  廣芝から七尾に向かう近道の斜めの道を探します。
 ①、②とも吹田街道を通る その後、字出口(片山村)
   有名な垂水神社を通過点としての表記がなされていない。 また、
   焦点の出口を通ることになるので、解説すると 出口は片山村で
   説①では、わざわざ吹田村に入り亀岡街道を北上する。Ⅴ字型の進路
   説②では、片山村を通り、吹田村を通らない。
   片山を通るルートが近道で急いでいる場合は 出口ではこのルートを執るのでしょう。 但し、片山村の表記されていないことが問題です。・・・・・となると、出口・片山ルートはとらないのでは。 また、片山ルートは道が狭いのと、かぎ型の道で歩きにくいことも挙げられるが どう考えるべきでしょうか!
   そこで、吹田街道・出口を通らないルート(吹田街道を使わないルート)を考えるひつようがある。そんな道があるのでしょうか! 廣芝から吹田への道
   もう一度、明治18年の地図を見て頂きたい、または、②曲 図16 吹田地区の絵図が掲げられ、糸田川から出口へのルートが描かれている。 詳しく見ると
   廣芝から 下新田村、上新田村、吹田も描かれている。
   すなわち、廣芝からこのルートを通り、吹田へ となる。 下新田、上新田は吹田村です。 また、江戸時代の道路と川  でも このルートが記載されている。   
 
             わがまち岸部より
  廣芝から下新田上新田で吹田への道 堤防を通るのではないかと結論付ける。

    
写真:
参加者 51名(プラススタッフ8名)

中国の大返し

2017年9月16日土曜日

2017年9月11日月曜日

阪神 鳥谷 敬選手 2000本安打 9/8

アジアの恵まれない子どもたちに靴や文房具を送る


2017年8月27日日曜日

今日は今津 

写真:

写真:  写真:
今津灯台
写真:

写真:
六角堂
写真:
今津砲台   ➡  西宮砲台

今津で2題

写真:  写真:
距離測定元標 昭和九年???

2017年8月25日金曜日

級友からの電話 盆には昔の人への連絡と

盆ですので 級友から電話 色々

① 中学校のカモシカ 
  久しぶりにメールしました。 「わこうくん」携帯電話です。

② 豊中では 「かんちゃん」  
  「マツチャンです。」 来週 4人で会うことになりました。

「今津っ子」さんと連絡とれる。
   「津戸の中道」を調査しています。が
 以前い二人で調査した「播磨街道を行こう」
 今津っ子さんと長年連絡が取れていませんが、今津っ子さんの資料を利用し今津ッ子さんの消息を考え、調査しました。今津っ子さんから貰った資料を公開し「今津っ子さんの消息を」と考えていました。調べると 同じ表題 
  「阪神間の街道を歩く」 

  でした。 明日 会いに行こうと思います。


 横山勘兵衛の家系図公開か! 乞うご期待

    11月か!









2017年8月21日月曜日

西国街道 リレーウォーク 吹田版終了 

本日 30日 に博物館で聞きましたら 講演会の参加者86名
多くの方が来られました、ありがとうございます。
リレーウォーク 吹田博物館版
  「津門の中道」吹田版 9/24 終了
 参加者 49名 スタッフ 8名
 先日(23日)土曜日行われた、茨木市での参加は 17名でしたそうです。
吹田市での取り組み内容がよかったのではないでしょうか!
吹田市以外22名 吹田市 27名参加 吹田市の55%
 遠方より来られた方
 加古川市 1
 神戸市  1
 東大阪市 1
 宝塚市  1
遠方からこられた方々の労をねぎらうことが出来ず。
 西宮市 6
 尼崎市 5
 豊中市 2
 茨木市 2
 高槻市 1
 芦屋市 1
 川西市 1
以上 
多くの参加 ありがとうございました。   9/25

リレーウォーク 吹田博物館版
  「津門の中道」吹田版

 参加者 51名 締め切り
 去年は・・・・
 去年の講演会 参加者82名

 今年の講演会は・・・・ ???
        講演会の参加者86名 
 
明日  講演会 終了しました。
923日(土) 午後1時30分~4時
「津門の中道」の考察-秀吉の「中国大返し」-
                                      吹田郷土史研究会副会長 上村和功
吹田市立博物館学芸員 高橋真希

会場/吹田市立博物館講座室
定員/先着120名 事前申込不要
費用/無料

津門の中道周辺の遺跡をめぐる 
     吹田市立博物館 

西国街道リレーウォーク

924日(日) 午後1時~4時 小雨実施

津門の中道-秀吉の中国大返しの道をたどる-

案内・解説/吹田郷土史研究会



大物の大返し・京街道の吹田市内の部分、榎木の渡しから広芝を通り、五反島遺跡、

神崎川右岸堤防、中之島(吹田)、吹田の渡しまでを歩きます(約5㎞)。



集合/江の木公園(大阪市営地下鉄御堂筋線・北大阪急行 江坂駅南西5分)


解散/JR吹田駅

定員/50名 多数抽選

費用/無料

申込/はがき、またはFAX参加者全員の名前・住所・電話番号・リレーウォーク参加希望と書いて吹田市立博物館へ。9月11日(月)必着。
 写真:

☆主催:吹田市立博物館 共催:吹田郷土史研究会    
TEL:06-6338-5500 FAX:06-6338-9886    
〒564-0001 吹田市岸部北4丁目10番1号   
第2回 津戸の中道 ~秀吉の中国大返しの道をたどる~   約5km  
平成29年9月24日(日)小雨決行 大物(だいもつ)の大返し・京街道の吹田市内の部分、榎木の渡しから広芝を通り、五反島遺跡から神崎川の右岸堤防、中之島(吹田)、吹田の渡しまでを歩きます。
集 合:13:00 江の木公園  大阪市営地下鉄御堂筋線・北大坂急行 江坂駅南西5分)
 解 散:16:00 JR吹田駅 
定 員:50名(事前申込・多数抽選) 
参加費:無料 
申 込:はがきないしはFAXにて9月11日(月)必着

2016年 実施

 内 容:「古代の都・長岡京と乙訓の古道」                    向日市文化資料館 玉城玲子
    「大山崎町域の古代山陽道-紀貫之が見た風景 -」大山崎町教育委員会 角早季子
    「しまもとの古代山陽道」                              島本町教育委員会 久保直子
    「嶋上郡衙と大原駅」                           高槻市立今城塚古代歴史館 内田真雄
    「中河原北遺跡と古代山陽道」                      茨木市立文化財資料館 清水邦彦
     「垂水布施屋と古代の道 -行基の足跡 -」           吹田市立博物館 池田直子
    「行基の伊丹台地開発と難波宮」                    伊丹市教育委員会中畔明日香
    「古代の尼崎について-猪名寺廃寺を中心に -」  尼崎市立文化財収蔵庫 井上 亮
    「高畑町遺跡と津門大塚町遺跡」                    西宮市立郷土資料館 山田 暁

申込み:事前申込不要/12時から先着順に整理券配布
歴史街道リレートーク
 
古代のみちと遺跡を語る
「古代のみちと遺跡」にまつわる西国街道の魅力再発見を7市2町の学芸員がリレートークで語ります。。

日 時:平成29年9月9日(土)13:00~17:00(開場12:30)

会 場:高槻市立今城塚古代歴史館
     JR摂津富田駅または阪急富田駅下車(JR摂津富田駅より徒歩25分)
     市営バス南平台経由・奈佐原行き「今城塚古墳前」徒歩すぐ
     関西大学行き・萩谷行き・萩原総合公園行き「氷室」徒歩3分

定 員:150名(事前申込不要・当日先着順)
     
※当日12時から先着順に整理券を配布します。

参加費:無料

内 容:「古代の都・長岡京と乙訓の古道」                    向日市文化資料館 玉城玲子
    「大山崎町域の古代山陽道-紀貫之が見た風景 -」大山崎町教育委員会 角早季子
    「しまもとの古代山陽道」                              島本町教育委員会 久保直子
    「嶋上郡衙と大原駅」                           高槻市立今城塚古代歴史館 内田真雄
    「中河原北遺跡と古代山陽道」                      茨木市立文化財資料館 清水邦彦
     「垂水布施屋と古代の道 -行基の足跡 -」           吹田市立博物館 池田直子
    「行基の伊丹台地開発と難波宮」                    伊丹市教育委員会中畔明日香
    「古代の尼崎について-猪名寺廃寺を中心に -」  尼崎市立文化財収蔵庫 井上 亮
    「高畑町遺跡と津門大塚町遺跡」                    西宮市立郷土資料館 山田 暁

申込み:事前申込不要/12時から先着順に整理券配布

問合せ:072-682-0820 

 

高槻市今城塚古代歴史館の情報は↓

※ウオークのお伴に、「西国街道マップ」をご利用ください。
 マップは次のページからダウンロード出来ます。 
 ⇒ http://www.rekishikaido.gr.jp/time-trip/kodo/saigoku/ 




歴史街道hp より転写