2014年4月22日火曜日

現役 伏越樋 農業用水路「九名井」 豊中市

私は リタイヤ組 こちらはいまだ現役・・・・ 
撮影 3/11

千里川の豊中側 ここで千里川の下を潜る 尼崎が上流 
千里川上流  橋は「神明橋」

 神明橋 を渡ると 水路の上流

スケールの大きな水門です。 
このように 川の底を通す水路を「伏越樋」といいます。
この看板は 「とやなか・歴史と文化の会」

農業用水路原田井(九名井)千里川を潜り抜け全長9キロメートル
伊丹市西桑津付近の猪名川の堤防より取水、
酒井、森本、岩屋(現伊丹市)、田能(尼崎市)、
勝部、原田、桜塚、曽根、岡山(現豊中市 5カ所村)の九ケ村
拠って、九名井とも言われえる
「伏越樋」模型を他の地区で見つけました。
貴瀬川の伏越樋模型  播磨町郷土資料館

吹田の伏越樋はこちら

0 件のコメント: