2011年2月24日木曜日

「上の立石」の銘  記載の間違い・・???

豊中市の文化財 道標編  p37に
「上の立石」のことが書かれている。それによると
30.樫の木池北東、勝尾寺と野道との三又路
     新千里北町2丁目
(南) かちをうし
(西) 南無阿弥陀仏
(北) 
(東) 為万人講衆中法界
写真はない。
これら消失した道標4基については、
「昭和38年の豊中市史編纂当時、市内道標の一部を調査し、これを地図上にメモしたものが残っている。」で紹介されている。

さて記載について別な資料 本「野の仏」 大阪読売新聞には。
 この道標は江戸時代のものであろうと記されているが
上記の(西)、(東)面の記載はない。下の写真でご確認ください。

これが、「上の立石」を「野の仏」が紹介している写真です。
彫が深い、南面には「(馬頭観音像)右かちをじ」 東面には 文字らしくものはない。
よって、道標編で記載されているのはまちがいと考えられる。

道標編の「上の立石」の項は一部間違って書かれている。
(西) 南無阿弥陀仏
(東) 為万人講衆中法界
これ項は面は違うが、私が見つけた「新田西口道標=旧新田小学校北東道標」に記載されているものとほぼ同じである。 
新田西口道標 の記載 下部欠損
 (東) 左大坂
 (南) 南無阿
 (西) 為万人
 (北) 右くま
とあるので、面が違うが、こちらの銘を間違って記載されたものと思われる。
箕面市に同じ人が立てたものが2基あり
それらから補足すると
(南) 南無阿弥陀仏

(西) 為万人講衆中法界 願主岸◇ となる。
 箕面市の2基は 勝尾寺から大阪への道沿い=大阪道に設置されている。
 西口道標で 左に取ると 高川から小曽根・横関街道にて、大阪へ
 また見つかった「新田西口道標」=「新田小学校北東道標」も同じ人が立てたもので
行き先は「大坂」になっている。

*******************************************



 


 




0 件のコメント: