2016年8月2日火曜日

「中今」 垂水神社宮司さんの話

時間の永遠の流れのうちに中心点として存在する今。
単なる時間的な現在ではなく、神代を継承している今。
「中今」と 宮司:竹内 真哉 さん
 
番号は遺跡  若い数字から線をつなぐと 
河内湾が出来上がります。

垂水神社と天皇家との関わり
 初めて見る資料もたくさんあり、面白話でした。


「垂水の子孫たちへ」碑文
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・ここに碑文を刻み未来への伝言とする。」

ネットで見つけた 境内案内
こちらのほうがいい

大阪市内の高い建物 北摂の吹田方向を見ると
垂水の自然林、JR吹田駅前の「メロード吹田」建物、が目印になる。が
新しく「エキスポシティの大観覧車」が目印になる。
万博公園の「太陽の塔」も目印で存在していたが、目を凝らさないと確認する事が出来ない。
一度、大阪市内から確かめて見てください。

 


 

0 件のコメント: