2015年9月22日火曜日

 「みきハ京ミち ひだりハふしミみち」  追分の道標

東海道と伏見道との分岐・大津市の追分に立っていた道標です。
大津の追分では今はありません。碑2基ともありません。
53次Ⅱ 追分-瀬田の唐橋  2014年5月21日水曜日

有名な道標ですので、多くのサイトで取り上げられています。
色色々調べましたが、下で紹介されているのが分からいやすいと思います。

 追分 柳緑花紅碑  昭和29年、安土城のも紹介されている。

さて、この宝塚の道標は 

字の形は瓜二つです。こちらは 32センチあります。
年代的には古いと思われるが!
レプリカか! 石屋さんへ持ち込まれた物か 定かでない。

津市追分の道標?  他の資料を調べてみました。

   追分 柳緑花紅碑(摂取院内  こちらは、昭和29年、安土城のも紹介されている。

  

   的形道標クラブ 東海道の道標(1)  昭和29年

  

  京都市歴史資料館GA004 柳緑花紅【道標】 - 京都市 昭和29年

 
  大津歴史博物館 大津の歴史辞典より

  安土城考古博物館 周辺探索 安永9年(1780)刊行の「都名所図会」には紹介

  東海道五十七次<  「摂取院2代目   
  
別項 

京都市歴史資料館 京都のいしぶみデータベース 

************************************

追加 2 09/28

 宝塚では、京都に向かって 左が京都、 右が伏見
宝塚にあったのではないことが分かります。
宝塚市とがんこ亭に問い合わせ中です。
移築された物か、レプリカかは 今のところ分かりません。

表示からこの道標は 京都、伏見より 東側にあったことになります。 
さて、元の場所は何処でしょう!地図を開いたらわかりますよ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さん この道標は何処に立っていたのでしょうか!
お分かりになりましたか!
それにしても彫も深く、見事な道標です。 ・・・・・追加 

当日の様子
食事に行きました、予感的中 石物がありました。
幅 32センチ  高さ160センチ
彫が深く、立派な道標です。



みぎハ京ミち ひだりハふしミみち

さてこの道標が立っていた場所はどこでしょうか!

ここは、兵庫県宝塚市「がんこ亭」にて現在所
これは、移築された物かレプリカかは不明ですが
元々立っていた場所・旧在所は何処になるでしょうか!


正面と左面に記載されていますが
後ろの面、右面は記載されておらず、面も荒く、文字かあったの削ったのかと思える。


11:30分を少し回ったころにがんこ亭へ
帰りには、待合室に2グループ ということで、席に案内されるとき
「90分でお願いしています。」一本勝負でした。



茶室もあります。

これは何
次は、平野に行ってみたいです。今年はがんこ亭ですね!
問い合わせ 宝塚市役所&がんこフーズサービス株式会社 に問い合わせ中

宝塚市教育委員会からの回答  2015年9月29日火曜日

がんこ 宝塚苑からの回答   2015年10月1日木曜日

 

石橋苑編   
 初詣④ 豊中稲荷神社 実施編 2015/01/14 最初のきっかけは


二条苑編
 源流さがしに 高瀬川 パート1 2015年6月7日日曜日 
 源流さがしに 高瀬川 パート2  6/14


宝塚苑 次は 平野編で行きましょうかね!


 東海道の追分にあった 道標がない
    「みぎ 京  左伏見」の



他に一基石物がありました。





   

0 件のコメント: