2014年3月17日月曜日

喪失を免れた 「六観音・六地蔵」・・・・ 完結編 





博物館便りに掲載された   NO。52 2012.12  「石造物」

「六観音六地蔵」芝田町

 「観音様と地蔵が対にして形式はあまり例がなく、特異なものです。」

 文中より転写

あまり例がなく、 どこかにあるのでしょうが それは説明がなかった。
         私は今まで見たことがありません!


 
 南吉志部墓地
岸部第一小学校の前の道 JRをくぐる歩道の途中から上ります。
JR本線と手前に道路ができるみたいです。


今日やっと岸部へ行くことができました。
この像です。


元禄十二年1699 願主 休保

やっと行くことができました。
こんなに小さいものとは思っていませんでした。
全体に黒い  戦争によるものか!    
  
解説できる人いませんか!
  
一時は無縁仏に入れられるところでした。
この「六観音・六地蔵」 珍しいです。
私も初めてお目にかかります。 

六観音が元々あった場所には新しい六地蔵 
墓地全体が新しいので、この地蔵も新しいので綺麗ですが
風格が・・・  前のが小さかったので大きくしたのでしょうか!
あと300年後かな
 

地下歩道の中央ぐらいに階段があります。

歩道の西側

JR岸部駅

途中経過  危ない!あぶない! 無縁仏へ 2014年3月10日月曜日 

最初の出来事 六観音・六地蔵 と  2014年1月15日水曜日


0 件のコメント: