2011年6月22日水曜日

小野原探索 山田・上新田、失った道標、相撲取りの墓

以前から、吹田郷土史研究会の武田純立さんの要望で
「小野原の道標」が分からない、ということで案内することになりました。

公園内を歩いていると「どこにあるの!」「これです。」
看板がありません。

早速撮影 大きさは  15×11×18.5 四角柱
これは、向きが逆になっています。認知されたときからこの向きだそうです。
右 上新田
左 山田

もう一つの道標
墓地の管理人から聞いた話 「箕面・小野原の道標」
加賀真佐子文庫で見つけた資料 
  大阪市立博物館 研究紀要 第5冊  1972 (昭和47年)
この道標を思い出していただきました。
「 ☞ 吹田」 立派な道標です。

この理照寺の前にあったそうです。 寺の住職に問い合わせ
「あの墓地は、村の物と私ども理照寺の物がある。」
「ここの出身でないので、古いことは知らない。」ということで行方がと途絶えました。
道標の位置を教えていただいた方はまだ70才前後の方ですので
まだまだ、情報が集まるのではないでしょうか!

歴史・由緒ある神社 春日神社



神輿所に2基 獅子もいる。


明和二年  古いですね!

先生は熱心に写真を撮っておられました。

やっと墓地に着きました。
「溝のある地蔵」

この墓地 関取の墓が


今日の管理人の「ひ爺さん」の墓
その他、

歴史があります、関取の墓



この方は関取でなく 「笹川良一」さんの墓です。




もうひとつの探索 金襴会前 ここに石物があった。
探しましたが、草がぼうぼうで見つけられませんでした。

 小野原の墓地                           2009年10月12日

吹田の渡・小野原街道      2010年2月22日

道標探索から相撲取りの墓 2011年6月22日

小野原の道標探索 Ⅱ      2011年11月5日

 

 

 

0 件のコメント: